2008年06月04日

MTK GPS Logger download UtilityとNMEA2KMZを使ってログ取得・変換

M-241付属のログ取得ソフトだと高度がとれなかったり,XMLの記法が悪いのかAlpuslab routeで読み込めなかったりと散々.

ですので以前紹介した別のソフトを使うがよろしいかと思われます.
今回はそのなかでも使い勝手のいいMTK GPS Logger download UtilityとNMEA2KMZの使い方について書いてみる.
MtkDLut.gif

■MTK GPS Logger download UtilityとNMEA2KMZの簡単な使い方
@なにはともあれダウンロード
●MTK GPS Logger download Utility
http://homepage2.nifty.com/k8/gps/file/MtkDLutj.htm
●NMEA to KMZ
http://homepage2.nifty.com/k8/gps/file/nmea2kmzj.htm

A解凍→配置
・MTK GPS Logger download Utilityはをまずは好きな場所に解凍
・NMEA to KMZを解凍したものを,MTK GPS Logger download Utilityの実行ファイルと同じフォルダ(階層)に移す

BMTK GPS Logger download Utilityの設定
・MtkDLut.exeをダブルクリック
 ・COMPortは,デバイスドライバで調べてセット
 ・Baud Rateは,38400にセット
・Log Downloadタブをクリック
 ・CSV optionはIndexのみチェックを入れる

Cログのダウンロード・変換
・DownLoadボタンをクリック(ログがCSVファイルで保存される)
・ダウンロード完了後,KML/KMZボタンをクリック(NMEA to KMZが立ち上がってログを変換してくれる)


■MTK GPS Logger download UtilityとNMEA2KMZについて

●MTK GPS Logger download Utilityとは
MtkDLut.gif
MTKチップセットGPSロガーのダウンロードとログ設定を行うソフト。
対応GPS: HOLUX M-241Transystem i-Blue821, i-Blue747
* USBまたはBluetooth経由でダウンロード可能
* ダウンロードしたデータはCSVまたはNMEAファイルに保存
* NMEA2KMZを呼び出し,KML(Google Earth用ログ)、GPX(サポートが多いGPSログ形式)などに変換可能

●NMEA to KMZ file converterとは
NMEA2KMZ.gif
GPS受信機のログファイル(NMEAやCSV)をGoogle Earth用のKML(Keyhole Markup Language)やサポートの多いGPXに変換するソフト
* KMZ, KML, GPX, NMEA および CSV の5形式の出力を選択できる
* KMZ, KMLに関してログ出力のカスタマイズがかなり柔軟に行える
 −軌跡ポイントに情報を出力できる(出力データの選択,速度単位の切り替え等)。
 −軌跡ポイントのアイコンを選択できる(速度に対応して4種類)
 −軌跡の線色、線幅、不透明度を指定できる(KMZ, KML)。
 −3Dモードでの出力が可能で、出力条件を細かく設定できる
 −軌跡とプレースマークの出力をOn/Offできる
* 複数のファイルを指定して一括変換が出来る
* コマンドライン・オプションおよびドラッグ&ドロップが有効






posted by man-241 at 00:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、m-241で検索していて見つけました。GPS使いこなし情報はなかなかないので助かります。

さて、こちらの記事を見て、MTK GPS Logger download Utilityを試してみたのですが、自分のところではDownloadすると、最後の方のいくつかのポイントがDownloadできず98%ぐらいでファイル保存ダイアログが出て転送が終わってしまいます(具体的には、26,625/26,924で終わる)。

そちらの環境では、ちゃんと100%まで完了しているでしょうか。わたしのところでも、bt747だとすべての点が転送できるのですが……。
Posted by techie-t at 2008年11月05日 01:04
私も同じ現象で悩んだばかりなのでアドバイスをひとつ(参考までにどうぞ)

三日間ログをとったときに"MTK GPS Logger download Utility"で30%しか
データが取れませんでした。思い当たるのは、一日目に電源を入れたまま
放置していたためバッテリ切れで終了した事です。

bt747でダウンロードしたバイナリデータを見ると一日目の終わりで壊れた
データの書き込みが数回行われていました。
デフォルト設定のままであれば、ヘッダー+16バイト×読めなくなった
ポイントで壊れたアドレスがわかります。

"MTK GPS Logger download Utility"はレスキューモードがついていますが
一定回数(5回?)無効なログを検出すると終了するようです。
(電池切れのときは、かなりの回数で無効ログが書き込まれています)

KMZファイルを作成したい場合は、bt747で読み出し→フィルタで必要な
部分をCSV出力(もしくはCSVを編集)→bt747でKMLを作るか"NMEA to KMZ"
にCSVファイルを読み込ませる事で可能です。
使い勝手は"MTK GPS Logger download Utility"のほうが好きなので
いつもはこちらを使って、読めないときにはbt747を使うようにしました。
Posted by と おる すがり at 2008年11月11日 15:37
と おる すがりさん,代わりに丁寧なご回答有難うございます.

そおですね.MTK GPS Logger download Utilityでデータを読み込みない場合があった気がします.確かそのときデータが壊れてた記憶があります.
私はその時点であきらめましたが...

でもこれからは対処できそうです.どうも貴重な情報有難うございます.

Posted by 管理人 at 2008年12月15日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。